新着情報

◆2014/06/12
印鑑の違いを理解しようの情報を更新しました。
◆2014/06/06
1番目にする印鑑の情報を更新しました。
◆2014/06/06
まとめて作るのもオススメの情報を更新しました。
◆2014/06/06
訂正印を作ってみようの情報を更新しました。
◆2014/06/06
銀行印ってどんなもの?の情報を更新しました。

印鑑の違いを理解しよう

日常のあらゆるシーンにおいて利用することの多い印鑑。
皆さんもきっと、何気なく利用していることと思います。
小さな頃から家にあるものの1つでもありますから、特に大きな意味やそれぞれの役割・違いというものを知らないという事もあるかもしれません。

女性に人気の印鑑
そもそも、印鑑とはどのようなものなのでしょうか。
一般的なガイドラインですと、硬い素材でできており朱肉をつかって押す判のことをこう呼びます。
・・・というと、1つ引っかかりを覚える人もいるでしょう。
そう、メジャーになりつつある押すだけで手軽に押せるタイプのもの。
水溶状の液をセットすることで朱肉を使う必要がないのが便利ですよね。
こうしたものは印鑑とは呼ばないんです。「浸透印」と呼んでいるんです。
名前が分かれているという点でもお分かりいただけるように、印鑑ではありませんので公的手続きや登録などの時には使用できません。
あくまで「サイン代わり」として利用をするのです。
印鑑と呼ばれるジャンルの中にも様々なものがありますよね。
個人向けのものですと実印や認印・銀行印といった比較的に目にするものから、訂正印などというものもありますよね。

シーンよって印鑑を使い分ける

高級感漂う印鑑
それぞれの違いを知っておくことで、状況に合わせて適切なものを選べますし、捺印するときにも意味を知って行うことが出来ますので、ぜひとも違いについて理解しておきましょう。
家の中にあるもの・手軽に利用しているものというところから、簡単に捺印をしてしまう方もいらっしゃいますが、場合によってはその行為が自らの安全域を狭めてしまうという事もあるかと思います。
ですから、なるべく慎重に取り扱うようにしましょう。
もちろん、自分自身の印鑑を他人に貸すなんていう行為もしないように心がけてください。
また自分自身で新しく印鑑を作成したいなどという時にも、このような知識をもっておくと実際に注文をする際などにもスムーズかと思いますよ。
長く使用することになるであろう実印などは、しっかりとした素材のものを選ぶですとか日常使いをするものに関しては押しやすさや携帯のしやすさなどを重視するなどのチョイスもできるかと思います。

こうした印鑑の相談は、町の店舗などでも受け付けてくれますしハンコマン激安のような通信販売形式のところでものってくれると思いますから、分からないことがあればしっかり聞いてみるのもオススメです。
知識を持つことで、より一層印鑑の意味を把握できますし安全性も高まることでしょう。